幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

ユーロ圏の債権格下げによりユーロが暴落し、日経平均も押し下げる

      2014/08/31

先週末の欧米市場はユーロ圏の各国債権の格下げが近いとの報道で金融株を中心に売りが広がった。ただ、格下げは事前に格下げで見直すと発表されていたことから予想通りとの見方が支配的となり、引けにかけては下げ幅を縮小した。
そして、週末のうちに実際に S&Pは、トリプルA格を持つフランスを含め、9ヶ国の格下げを発表したことで、ヨーロッパの債権問題が改めて意識されて金融株を中心に下げる展開となった。また、金融株以外も円高・ユーロ安も進んだことで輸出関連株を始め、幅広い銘柄が売られ、ほぼ全面安となった。
ただ、今晩のアメリカ市場が休場と言うこともあり、積極的な売買が控えられ、売買代金は 7500億円と再び 1兆円を大きく下回った。また、大きく下げたものの 1日の値動きは小さく 57円にとどまった(後場はわずか 18円)。
また、日経平均の終値は 121円(1.43%)安の 8378円。
 
 
今日の戦績
8001 伊藤忠
【購 入】805円(12/12)
【現在値】754円
【損 益】(-51円。-6.34%)(前日比 -23円。-2.96%)
 
8002 丸紅
【購 入】484円(12/12)
【現在値】473円
【損 益】(-11円。-2.27%)(前日比 -13円。-2.67%)
 
伊藤忠、丸紅ともに大きく下落した(後場は大きく動くことはなかったが、前場に大きく下落した)。
日経平均は金曜日を上げた分が下がったくらいの下げ方だったが、伊藤忠、丸紅ともにそれを上回る下げ率だった。伊藤忠に至ってはほぼ倍の下げ方である。
丸紅は、せっかく先週末に購入価格を上回って引けていたのに、あっさりと再びマイナス圏に落ちてしまった。
丸紅は 25日移動平均を上回っているため、25日移動平均が下値抵抗線になってくれそうな予感もするが、伊藤忠は 1ヶ月前の 755円を下回ったことから次の下値支持線まで大きく底が抜けている状況といえる。
伊藤忠は明日上がらなかった場合は、730円くらいまで下げる可能性があるのではなかろうか...


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 846,000円。

 

no image
フィスコ、メディアシーク、アスコット、シンワアートオークションにエントリーし、アスコットのみ約定。保有株全体では 63,000円含み益。

 

ピジョン、イオンディライトを取得。東芝、ピジョン、イオンディライト保有。9,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均23ドル高の17,619ドル。東京市場・日経平均93円高の20,329円・東証マザーズ29ポイント高の1017ポイント。

no image
アメリカの QE3に続いて日銀も金融緩和を決める

 

no image
ギリシャ財政問題の深刻化により世界同時株安再燃の様相も

 

no image
ドリコム、あかつきフィナンシャルグループ、大幸薬品、ジェクシード、北陸電気工業、アイフリークホールディングスにエントリーし、ドリコムのみ約定。含み益は 26,600円。トータルの含み損は 229,000円。

 

SUMCO、マツダ、富士重工保有。45,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均125ドル高の16,069ドル。東京市場・日経平均476円高の17,518円・東証マザーズ7ポイント高の831ポイント。

no image
アメリカ、ヨーロッパ市場上昇で東京市場も堅調な動き

 

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。264,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均304ドル高の16,776ドル。東京市場・日経平均180円高安の18,186円・東証マザーズ4ポイント安の798ポイント。

no image
売買なし