幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

ニューヨークは弱かったが、ヨーロッパの株高、円安が下支え

      2014/08/31

ニューヨーク市場は、ギリシャの債権問題の交渉が停滞しているとの見方や 4日続伸していることもありひとまずの利益確定に押される形で 4日ぶりのマイナスで引けた。
ただ、決算発表の収益拡大期待は強いため、下値を売り込むような動きにはならなかった。また、下げたとはいえ、11ドルだけであり、ヨーロッパ市場は上げていたことや、ドル、ユーロいずれにも円安に動いていることで、東京市場は堅調な値動きで始まった。
10時過ぎには前日終値に比べ 60円高まで上昇する場面もあったが、ここ数日間の上昇ピッチが早かったこともあり、利益確定売りに押されて後場にかけて上昇幅は縮小していったが、マイナス圏になることはなく引き続き地合は堅調といえる。
今後は、8800円が意識され調整局面にはいるのか、決算内容を確認した上で銘柄個別で上昇を続けるのか、面白い展開になってきたといえるだろう。
日経平均の終値は 19円高い 8785円。売買代金は 9792億円と 1週間ぶりの 1兆円割れとなった。
 
 
今日の戦績
8001 伊藤忠
【購 入】805円(12/12)
【現在値】816円
【損 益】(+11円。+1.37%)(前日比 +11円。+1.37%)
 
8002 丸紅
【購 入】484円(12/12)
【現在値】512円
【損 益】(+28円。+5.79%)(前日比 +7円。+1.39%)
 
日経平均の上昇力が弱い中、両株とも堅調に上昇した。
ただ、値動き自体やや違っており、丸紅は日経平均と同じように前場が高く後場はやや値を下げる展開となったが、伊藤忠は後場一段高となる強い動きとなった。とはいえ、終値での上昇率が同じなため、前場の丸紅がやや上げ過ぎだったのかもしれないが。
また、伊藤忠も今日の上げで手数料を含めてプラス圏になってきた。そのため、伊藤忠は値動きが重いことと JPモルガンの投資判断が引き下げられたこともあり、適当なところで売却する方が良さそうだ。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 534,000円。

 

no image
最重要事項の損切り! それは現行運用ルールの破棄だ。

 

no image
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング、ドリームインキュベータにエントリーするものの約定せず。

 

no image
ヨーロッパの債権問題、中国の景気減速懸念により世界同時株安

 

no image
ネットイヤー、コモンウェルスエンターテイメントにエントリーするも約定せず。持ち株全体の含み損は 498,000円。

 

エントリーなし。JMNC、エプソン、マツダ、サイバーダイン、マーベラス保有。262,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均63ドル高の17,596ドル。東京市場・日経平均114円高の17,371円・東証マザーズ6ポイント安の915ポイント。

no image
欧州債権問題で進展があり一時日経平均8300円を回復

 

no image
アプライドマテリアルズの業績予想引き下げで景気敏感株が売られる

 

エントリーなし。JMNC、エプソン、マツダ、サイバーダイン、マーベラス保有。58,000円の含み益。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均19ドル高の17,573ドル。東京市場・日経平均99円安の16,780円・東証マザーズ2ポイント高の938ポイント。

エントリーなし。JMNC、エプソン、サイバーダイン、マーベラス保有。167,000円の含み損。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均263ドル高の16,380ドル。東京市場・日経平均578円高の15,111円・東証マザーズ36ポイント安の866ポイント。