幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

円高により軟調な展開も中国景気回復報道をきっかけに上昇に転じる

      2014/08/31

【先週末のアメリカ市場】
午前中に発表された消費者態度指数は市場予想に反して上昇し、2007年 9月以来の 5年ぶりの水準まで回復したことで景気の先行きに対する警戒感が和らぎ、消費関連株を中心に買いが入った。これにより前場はプラス圏で推移した。
しかし、JPモルガンチェース、ウェルズファーゴが利ざやの低迷を原因として売られ、これにより金融株全体が売られる形となった。これにより、後場はマイナス圏に沈む時間が多くなった。
大引けでは何とかプラス圏に戻ってきたものの終値では 2ドル高い 13328ドルと前日終値とほぼ変わらなかった。
【東京市場】
午前中は為替が 1ユーロ 101円近辺まで上昇したことで輸出関連株を中心に売り優勢となり、一時 2ヶ月半ぶりに 8500円を下回った。
中国の貿易統計の発表で、中国景気への過度の不安感が和らぎ、ディフェンシブ銘柄からこれまで下げのきつかった景気敏感株へ資金を移す動きが出てきたと見られており、後場に入りプラスに転換してきた。
終値では 43円高い 8577円。
 
今日の戦績
  なし
 
今日もトレード対象となる銘柄はなかった。
ただ、ダウの上昇幅が 2ドルと非常にきわどい値動きだったため、運用ルールとしては非常に動きづらいタイミングではあったと思われる。
 
また、下記の銘柄は、ダウがもしマイナスだったとしたら取引対象になっていた銘柄だ。
その場合、本来のルールであれば、買いでエントリーをするものなのだが、現在はそのルールの逆を行く予定のため、もしエントリーするのであれば売りでエントリーしていたはずで、その場合は、今日も 5万円近い損失が出ていたであろうことは想像に難くない。恐ろしい結果が出なくてよかった!
 
 3664 モブキャスト  始値:1,899。終値:2,008。損益:-109円、-5.74%。
 3765 ガンホーOE   始値:325,500。終値:335,500。損益:-10,000円、-3.07%。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

エントリーなし。JMNC、エプソン、マツダ、サイバーダイン、マーベラス保有。58,000円の含み益。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均19ドル高の17,573ドル。東京市場・日経平均99円安の16,780円・東証マザーズ2ポイント高の938ポイント。

no image
ウイン・パートナーズ、双日、パイオニア、オリンパスにエントリーするも約定せず。保有銘柄の含み損は 320,000円。

 

no image
日本メディカルネットコミュニケーションズが約定し 8,794円円の含み益。トータルの含み損は 449,000円。

 

no image
フィスコ、メディアシーク、アスコット、シンワアートオークションにエントリーし、アスコットのみ約定。保有株全体では 63,000円含み益。

 

no image
ギリシャの政局混迷が続き世界各国の市場は大きく下落

 

no image
東京機械製作所、ビーマップ、油研工業、ケネディクス、マネースクウェアジャパンにエントリーし、マネースクウェアジャパンのみ約定。7,000円の含み益。

 

no image
東京市場は前原大臣出席意向で追加緩和期待の買が集まる

 

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。41,000円の含み損。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均56ドル安の17,689ドル。東京市場・日経平均37円安の20,548円・東証マザーズ22ポイント高安の942ポイント。

no image
東京市場は下げるものの 3月末を意識し底堅い展開へ

 

東芝保有。2,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均350ドル安の17,596ドル。東京市場・日経平均125円高の20,235円・東証マザーズ9ポイント高の987ポイント。