幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記


SHIFT、東芝保有。10,000円の含み損。

   

昨日のアメリカ市場・ダウ平均13ドル高の17,312ドル

 
ヨーロッパ中央銀行(ECB)による量的金融緩和策が長引くとの思惑が浮上し、ヨーロッパ主要国の株価指数が上昇し、アメリカ市場でもその流れを受けて上昇して始まった。
しかし、過去最高値圏で推移しているため、上値を買い上がる動きはなかった。
また、ウォルマートストアーズが減収減益を発表したことで大きく下落し、小売り全体が下落してダウを押し下げた。
ダウ平均は前日終値を挟んでの展開となり、終値はプラスに転じたもののマイナス圏での推移もあった。終値は 13ドル、0.07%高の 18,312ドル。連日で過去最高値を更新。
ナスダック総合株価指数は 8ポイント、0.2%安の 5070ポイント。
 
 

東京市場・日経平均170円高の20,196円・東証マザーズ7ポイント高の946ポイント

 
国内総生産(GDP)速報値が市場予想を上回ったことを好感した買いが優勢となり、寄り付きから 150円を超えて上昇して始まった。
為替相場が対ドル相場で 2ヶ月ぶりの安値に下落していることも輸出関連株を中心に買いが広がり、後場は一段高となった。
ただ、明日未明に公表される連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨の内容を見極めたいと見方もあり、引けにかけては上げ幅は縮小した。
日経平均の終値は 4日続伸となる 170円、0.85%高の 20,196円。4月23日に付けた年初来最高値を上回り、15年1ヶ月ぶりの高値となった。
新興市場では日経平均が大きく上昇する中、あわせて買われ日経ジャスダック平均の終値は 3日続伸し、14円、0.56%高の 2604円。9年ぶりの高値圏となった。
東証マザーズ指数は続伸となる 7ポイント、0.84%高の 946ポイント。
 

 

今日の戦績

 

保有銘柄

 
                今日 トータル トータル額
3697 SHIFT          +1.39%  +0.98%  +5,526円
6502 東芝          -0.56%  -3.48%  -14,703円
 
トータルの含み損は 9,177円。前日比 +5,500円。+0.57%。
引き続き、東芝は上向かないが、SHIFTは今日は上昇した。現状の価格は上場以来の底値なので、これ以上下げることはなかろうとは思うものの、底抜けはしないといいなぁ。
 
 


 

今日のエントリー銘柄

 
エントリーなし。

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
ECBドラギ総裁の発言を受け欧米市場とともに東京市場も大幅高

 

SHIFT、東芝保有。27,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均29ドル高の18,040ドル。東京市場・日経平均26円安の20,543円・東証マザーズ0ポイント安の965ポイント。

SUMCO、マツダ、富士重工保有。242,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均49ドル高の18,053ドル。東京市場・日経平均32円高の16,906円・東証マザーズ20ポイント安の1185ポイント。

no image
日銀の追加金融緩和なく、日経平均一時マイナス圏へ

 

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 832,000円。

 

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。14,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均13ドル高の18,100ドル。東京市場・日経平均191円高の20,841円・東証マザーズ5ポイント高の1003ポイント。

no image
ヨーロッパの支援に不信感 欧米も東京市場も反落

 

no image
世界景気悪化傾向でアメリカ、東京ともに大きく売られる

 

no image
日本メディカルネットコミュニケーションズにエントリーするも約定せず。トータルの含み損は 161,000。

 

文化の日で休場

昨日のアメリカ市場・ダウ平均165ドル高の17,828ドル。文化の日で休場。