幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

パルステック工業、林兼産業、協栄産業にエントリーし、パルステック工業のみ約定。保有株の含み損は 306,000円。

      2014/08/31

【昨日のアメリカ市場】
週間の新規失業保険申請件数が前週比で増加し、1月~3月期の実質国内総生産(GDP)改定値は、速報値から下方修正された。
そのため、連邦準備理事会(FRB)が量的緩和策を長期間続けるとの思惑が相場を支えた。
ただ、日本市場の不安定な動きもあり、積極的にリスクを取って買う動きは限られた。
寄り付き直後にはマイナス圏になる場面もあったものの、すぐさま反発し、日中は 50ドル高~100ドル高の範囲で上下した。大引けにかけては急速に上昇幅を縮小し 21ドル(0.1%)高い 15,324ドルで引けた。
ナスダックは、0.7%高。
 
【東京市場】
アメリカ市場が上昇したことで、世界的な連鎖株安への警戒感が和らぎ、先物主導で大きく値上がりして取引が始まった。
また、14,000円を割り込んだことで値ごろ感から押し目買いを入れる投資家も増えた模様だ。
ただ、来週には雇用統計などの重要指標の発表を控えており、一段の値上がりにはつながらず、膠着感も強い値動きとなった。
終値は 185円高い 13,774円。売買代金は 3兆2441億円。
日経平均は週間で 837円下げており、下げ幅は東日本大震災の翌週の 1,047円以来の大きさだった。また、日経平均が 2週連続で値下がりするのはアベノミクス相場になって初めて。
TOPIXは、時価総額上位の一部に換金売りが出て一時下げに転じる場面もあったものの、反発して終えた。
東証二部も小反発して終えた。
 
 
【今日の戦績】
 
【保有銘柄】
 
3230 スターマイカ
【買 値】1,520円(05/13)
【売 値】1,307円(05/31・保有中)
【売買数】2株。304,000円。
【損 益】1株単位:-213円。-14.01%。損益額:-43,000円。
 
3807 フィスコ
【買 値】128,100円(04/23)
【売 値】90,000円(05/31・保有中)
【売買数】2株。256,200円。
【損 益】1株単位:-38,100円。-29.74%。損益額:-76,600円。
 
4320 CEホールディングス
【買 値】2,148円(05/14)
【売 値】1,590円(05/31・保有中)
【売買数】100株。21,400円。
【損 益】1株単位:-558円。-25.98%。損益額:-56,200円。
 
6736 サン電子
【買 値】1,700円(05/30)
【売 値】1,797円(05/31・保有中)
【売買数】4株。296,000円。
【損 益】1株単位:+97円。+5.71%。損益額:+19,000円。
 
6871 日本マイクロニクス
【買 値】760円(05/15)
【売 値】586円(05/31・保有中)
【売買数】100株。228,000円。
【損 益】1株単位:-174円。-22.89%。損益額:-52,600円。
 
7725 インターアクション
【買 値】74,000円(05/15)
【売 値】50,500円(05/31・保有中)
【売買数】4株。296,000円。
【損 益】1株単位:-23,500円。-31.76%。損益額:-94,400円。
 
スターマイカは終日安かったが、大引けにかけて戻し、わずか 0.53%ながらプラスで引けた。
フィスコは、10時頃に 5.39%上昇したがその後下落し、マイナス圏にもなったが大引けでは 1.12%上昇して引けた。
CEは、寄り付き直後には 2.73%間で上昇するも、その後下落し、0.82%高まで上げ幅を縮小して引けた。
サン電子は、寄り付きから大きく下落し、6.41%安まで下げたが、14時前になって急上昇し、大引けにかけては 1.06%高まで上昇し引けた。
マイクロニクスは、終日プラス圏だったが、やや方向感なく上下を続けたが、終値は 2.26%上昇して引けた。
インターアクションは、寄り付き直後に 5.79%上昇したが、その後下落。終値は 2.50%安の安値引けとなった。
トータルの含み損は 6,874円減少し、305,558円となった。
 
 
【今日のエントリー銘柄】
 
6894 パルステック工業
【買 値】217円(05/31)
【売 値】217円(05/31・保有中)
【売買数】1,000株。217,000円。
【損 益】1株単位:+0円。+0.00%。損益額:-400円。
 
パルステック工業、林兼産業、協栄産業にエントリーし、パルステック工業のみ約定。
パルステックは、寄り付き直後に急騰し、一気にストップ高へ。208円で逆指し値成行でエントリーしていたものの 4.3%高い 217円で約定。その後 1時間ほどはストップ安水準が続いたが、前場終値間際には 20%も安い 180円まで上げ幅を縮小させた。そして、後場にはいると再び上昇し、ストップ安で引けた。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
春分の日で休場

 

no image
ヨーロッパの財政問題に端を発した世界的な株安の流れを止められず東京市場は大きく下げる

 

no image
日本時間深夜に日米欧の中央銀行による協調支援が発表され日米欧すべての株が大幅上昇

 

no image
サニックスを手仕舞いし 111,000円の利益確定。タカラバイオ、フルキャストホールディングス、OBARA GROUP、国債計測器にエントリーするも、約定せず。持ち株の含み損は 148,000円。

 

SUMCO、マツダ、富士重工保有。235,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均9ドル高の17,720ドル。東京市場・日経平均234円安の16,412円・東証マザーズ8ポイント高の1207ポイント。

SHIFT、東芝保有。63,000円の含み益損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均75ドル安の17,890ドル。東京市場・日経平均65円安の20,706円・東証マザーズ8ポイント安の1012ポイント。

no image
ヨーロッパの財政不安が和らぎ株価は上昇するものの円高により失速

 

SHIFT、東芝保有。13,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均2ドル安の17,764ドル。東京市場・日経平均49円安の20,046円・東証マザーズ16ポイント高の963ポイント。

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 534,000円。

 

双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。92,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均33ドル高の17,548ドル。東京市場・日経平均75円安の19,779円・東証マザーズ18ポイント安の924ポイント。