幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

追加の金融緩和がないことでドルが買い戻され日本株は上昇

      2014/08/31

アメリカ市場は、FRBバーナンキ議長が QE3の導入を見送った上、声明でも追加の金融緩和への踏み込んだ言及がなかったことで幅広い銘柄に売りが広がった。
一時は 90ドルを超えて下落する場面もあったが、売り一巡後はヨーロッパの債権問題の先行きを見極めたいとの思惑から下げ渋り、終値では 12ドル安い 12824ドルまで戻して引けた。
逆に、東京市場は、QE3を見越してドルの売り高を積み上げていた投資家がドルを買い戻しをしたことで円高が一服し、それが日本株の買い材料となった。
後場は中国の製造業購買担当者景気指数が前月比で悪化しており、アジア株が大きく下落したことを受け、日本株も伸び悩んだ。
それでも終値では 71円高い 8824円となり、ほぼ 1ヶ月ぶりに 8800円を回復した。また、売買代金も 1兆870億円と 9営業日ぶりに 1兆円を超えた。
 
今日の戦績
 
2303 ドーン
【買 値】765円(06/22)
【売 値】780円(06/22)
【売買数】600株。459,000円。
【損 益】1株単位:+15円。+1.96%。損益額:+9,000円。
 
今日は 1戦 1勝。利益は 9000円と、ぼちぼちである。
午後の手じまい注文を出したタイミングでは倍くらいの利益が出ていたのでちょっと寂しいものはあるが、今日は買ったことでまずは、ギリギリ退場せずに踏みとどまっている状態といえるだろう。
もう一がんばりしてもらわないと状況は変わらないが。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
金正日総書記が死去し、アジア株急落 ドル急騰

 

双日取得。双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。400円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均138ドル高の17,757ドル。東京市場・日経平均193円高の20,522円・東証マザーズ3ポイント安の1013ポイント。

no image
欧州の債務問題解決期待の雰囲気をぶちこわしにした S&Pの発表

 

no image
日本通信、シライ電子、日本インター、ユニデン、サノヤス、日産東京販売にエントリーするも約定せず。トータルの含み損は 194,000円。

 

SUMCO、マツダ、富士重工保有。351,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均35ドル高の17,576ドル。東京市場・日経平均70円安の15,751円・東証マザーズ32ポイント高の1075ポイント。

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。42,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均3ドル安の18,050ドル。東京市場・日経平均136円高の20,600円・東証マザーズ10ポイント高の987ポイント。

no image
欧米、日本市場ともに大きな動きなく  ただ持ち株がだらだらと下げて行くのみ...

 

no image
値動き売買代金ともに薄い 1日だった

 

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 237,290円。

 

SUMCO、マツダ、富士重工保有。159,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均348ドル高の16,865ドル。東京市場・日経平均661円高の16,746円・東証マザーズ17ポイント高の870ポイント。