幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

世界全体の景気減速感が強まりダウは今年 2番目の下げ幅。東京市場は持ちこたえる

      2014/08/31

中国の 6月の製造業購買担当者景気指数が前月比で低下し、ユーロ圏の景気指数も低水準となった。また、アメリカのフィラデルフィア連銀指数も市場予想に反して悪化しており、世界景気が減速しているとの観測を誘う経済指標の発表が相次ぎ、株を売る動きが広がり、ほぼ一直線に下落し続けた。
終値では 250ドル安い 12573ドルとなり、今年 2番目の下げ幅を記録した。
その流れを受けて、東京市場は大きく下落して始まった。ただ、為替市場が円安に進んでいることや、朝方にムーディーズが発表した世界の主要金融機関を大きく格下げしたものの想定の範囲内との見方が多く、日本株への反応は限られた。
売りが一巡したあとは徐々に値を戻し、後場の一時期はプラスに転じる場面があった。
終値では 25円安い 8798円となった。ただ、売買代金は 9589億円と再び 1兆円を下回った。
 
 
今日の戦績
 なし
 
今日はトレード対象となる銘柄はなかった。
今日の日経平均の値動きは、まさに現在運用中のルールにぴったりとくる値動きだっただけに、トレード対象となる銘柄があった場合は、相応の利益が期待できたのではないかという気がする。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。427,000円の含み益損。

昨日のアメリカ市場・レーバーデーのため休場。東京市場・日経平均433円安の17,427円・東証マザーズ21ポイント安の708ポイント。

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。319,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均65ドル安の16,674ドル。東京市場・日経平均362円安の18,070円・東証マザーズ1ポイント安の777ポイント。

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 146,000。

 

SUMCO、マツダ、富士重工保有。142,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均21ドル高の18,003ドル。東京市場・日経平均133円安の17,439円・東証マザーズ22ポイント安の1199ポイント。

no image
景気回復、金融緩和の期待から株価は上昇するものの新規材料に乏しく上値も重く

 

no image
アメリカ、日本ともに急騰に対する利益確定売りに押されるものの底堅い展開

 

SUMCO、マツダ、富士重工保有。332,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均133ドル安の17,603ドル。東京市場・日経平均17円安の15,715円・東証マザーズ4ポイント高の947ポイント。

no image
今日は、JPNホールディングス、CEホールディングス、木村化工機、芝浦メカトロニクスにエントリーし、CEホールディングス、木村化工機が約定。トータルの含み益は 8,000円。

 

no image
欧米、日経平均が下げる中、2日連続でピンポイントで大幅利益

 

no image
南欧の政局不透明感から株が売られ円が買われる