幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

欧米株は高安まちまち 東京株は最近のはやりの引けにかけての大幅上昇

      2014/08/31

ヨーロッパ株は 0.2%~0.3%ほどの小幅安。ニューヨークは、ダウ、NASDAQ、S&P500のいずれも プラスマイナス0.1%以下の前日とほぼ変わらず。
アメリカ市場は、高値警戒感からか大きく下げて始まったものの、売り一巡後は大きく値を戻し、午前中のウチに前日比でプラス圏に回復した。その後は、今後発表される経済指標の発表を前に様子見ムードが強まり、ほぼ値が動かない展開となったが、引けにかけては売りに押されてプラス圏を維持できず、1ドル 44セント安で引けた。
対して、東京市場は、エルピーダの会社更生法申請をきっかけに半導体関連の売りがふくらみ、また、円安傾向が止まったこともあり、利益確定売りに押されて前日比 50円安ほどで展開していた。しかし、14時を前にしてアメリカ株の先物が上昇をし始めたことをきっかけに東京市場にも買いが入った。
昨日は下げていたが、ここ数週間は引けにかけて大きくのびる展開が続いており、また、押し目買いの勢力も力強く、反転するきっかけがあれば引けにかけては大きく上昇する相場となるのだろう。その再現とばかりに、今日も引けにかけて大きく上昇し、引け前の 1時間ほどで 120円以上の上昇を演じ、前日より 88円高い 9722円で引けた。
売買代金も 1兆4741億円と今日も 1兆円を超えた。
 
 
今日の戦績
 なし
 
今日はトレードシグナルが出なかったためトレードはなし。
 
昨日までのほぼ 1ヶ月間をかけてこれまで運用していた運用ルールの再検証を行った。
その結果、一部、売買ルールを変更した方がより利益率を高め、ドローダウンを減らせる可能性が出てきたため、運用ルールを 3月から少し変更することにした。
通常は、3ヶ月から半年ほどは一つの運用ルールを維持するべきものではあるが、大きくルールを変更するわけではなく、トレード条件のしきい値を少し変更するだけなので、よしとすることにした。
ただ、今日は、いずれの運用ルールでもトレードシグナルがなかったためにトレードを行わなかった。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 159,138円。

 

no image
エントリーできず。トータルの含み損は 328,000円。

 

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 378,000円。

 

エントリーなし。保有なし。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均36ドル安の18,068ドル。東京市場・日経平均139円高の19,764円・東証マザーズ3ポイント安の908ポイント。

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 259,000円。

 

no image
海の日で休場

 

no image
欧米株軒並み安 加えて円高進行により日経平均も大幅安

 

no image
鉄建、淺沼組、大末建設にエントリーするも約定せず。トータルの含み損は 415,000円。

 

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。50,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均47ドル安の17,550ドル。東京市場・日経平均93円高の20,614円・東証マザーズ5ポイント高の941ポイント。

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。257,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均13ドル安の17,217ドル。東京市場・日経平均347円高の18,554円・東証マザーズ3ポイント安の788ポイント。