幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

エントリーなし。トータルの含み損は 228,000円。

      2014/08/31

【昨日のアメリカ市場】
新規の買い材料は見あたらなかったが、景気回復が続くとの見方が強く、株価上昇を支えた。
7月の新築住宅販売件数は市場予想に届かなかった。
しかし、前週末のシンポジウムでイエレン連邦公開市場委員会(FRB)議長が講演し、金融政策に対し江南両方の姿勢を示したことで、緩和的な金融政策が続くとの期待から相場を支えた。また、ヨーロッパ中央銀行(ECB)のドラギ総裁が同じシンポジウムで、景気低迷が続く場合は政策のスタンスをさらに調整する用意があると述べたことも意識された。
ダウは寄りつきこそ 40ドルほど高い水準だったもののすぐに上昇を開始し、70ドル~120ドルほど高い水準でもみ合った。終値は 75ドル、0.4%高の 17,076ドル。
ナスダック総合株価指数は 3日続伸となる 18ポイント、0.4%高の 4557ポイント。
S&P500種株価指数は 9ポイント、0.5%高の 1997ポイントで終えたものの、取引時間中に初めて 2000の大台を上回る場面もあった。
 
 
【東京市場】
前日のアメリカ市場は上昇したことで寄りつきこそ前日終値近辺で推移したものの、為替市場で 1ドル 103円代後半に上昇したことを嫌気され、すぐま下落を始め、10時過ぎには下落幅は 100円を超えた。
前場終わりにはやや持ち直す動きも見せたものの、中国株などのアジア株が軟調だったこともあり、午後に再び下落した。先物主導で断続的に売られたことで裁定解消の売りが現物に波及した格好だ。
ただ、5日移動平均で下げ止まったことで底堅さを指摘する声もあった。
日経平均の終値は 92円、0.59%高の 15,521円。売買代金は 1兆5319億円。
東証二部指数は 10日続伸となった。
新興市場では個別に材料が出た銘柄は物色されたものの、日経平均が大きく下落する地合の悪さの影響から手じまい売りが優勢となり、プラスを維持することが出来なかった。日経ジャスダック平均は 10日ぶりの反落となる 1円、0.05%安の 2255円。売買代金は 962億円。
東証マザーズ指数は 4日ぶりに反落となる 10ポイント、1.02%安の 975ポイント。
 
 
【今日の戦績】
 
【保有銘柄】
 
              今日 トータル トータル額
3645 JMNC         +2.42%  +6.44%  +30,736円
3793 ドリコム       -3.01% -43.60% -151,876円
4657 環境管理センター   +1.96% -37.69% -113,235円
7844 マーベラス      +2.58%  +1.63%  +6,505円
 
トータルの含み損は 227,870円。前日比 +19,700円。+1.54%。
ドリコムが昨日の上昇を帳消しにする 3%の下落。ただ、そのほかの銘柄が 2%程度上昇したことでトータルでも 1.5%の上昇となった。
環境管理センターはそろそろ信用取引期限の半年が来るので、もうちょっと下げ幅を縮小して欲しいのだが...
 
 
【今日のエントリー銘柄】
 
エントリーなし。
 
 
【翌営業日のエントリー指示が出た銘柄】
 
下記銘柄は、翌営業日にエントリー対象としてリストアップされた銘柄の上位 10銘柄です。
ここにリストアップされる銘柄は、直近で大きく上昇している銘柄ですので、うまくその流れをつかめれば!ご参考までに!
 
 8202 ラオックス
 6143 ソディック
 2454 オールアバウト
 1847 イチケン
 6469 放電精密加工研究所
 3294 イーグランド
 6632 JVCケンウッド
 4312 サイバネットシステム
 4246 ダイキョーニシカワ
 6297 鉱研工業


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。180,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均117ドル安の17,730ドル。東京市場・日経平均205円高の19,492円・東証マザーズ9ポイント安の896ポイント。

no image
貿易収支が赤字で円安が加速 円安を受け株価は上昇

 

SUMCO、マツダ、富士重工保有。13,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均115ドル高の15,882ドル。東京市場・日経平均941円高の16,985円・東証マザーズ46ポイント高の773ポイント。

no image
WOWOWを手仕舞い約定し、9,000円の利益確定。KLab、サン電子、サニックス、不二サッシにエントリーして、サン電子のみ約定し、46,000円の含み損。持ち株全体での含み損は 342,000円。

 

no image
ダウ上昇 東京市場も続伸

 

no image
澤田ホールディングスを手仕舞いし、30,400円の損失を確定。燦キャピタル、エムティーアイ、ワイヤレスゲート、USEN、宮地エンジニアリングにエントリーするも約定せず。トータルの含み損は 175,353円。

 

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 846,000円。

 

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 382,469円。

 

エントリーなし。JMNC、サイバーダイン、マーベラス保有。87,000円の含み益。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均167ドル高の17,113ドル。東京市場・日経平均80円高の16,631円・東証マザーズ8ポイント安の952ポイント。

no image
夏休み中の売買結果は 52,000円の損失縮小で、保有株全体の含み損は 492,000円。