幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

ハイテク銘柄が市場を支えるものの週末のため利益確定売りに押される

      2014/08/31

昨日のアメリカ市場。
IBMが好決算を発表したことで IT関連銘柄が上昇し市場を支えた。
しかし、6月の中古住宅販売件数は市場予想に反して減少し、フィラデルフィア連銀景気指数も市場予想ほど改善しなかった。そのため、上値も重かった。
終値では 34ドル高い 12943ドルとなり、2週間ぶりの高値となった。
東京市場。
前日のダウは上昇していたが、景気の先行きの不透明感を示す指標が相次いで発表されたことから売りが先行した。
午後にはいると週末のリスク回避の売りや、ロンドン銀行間取引金利の不正捜査疑惑の今後の展開をにらんで、持ち高を調整する動きも出たことで大きく値を崩すこととなった。
売買代金も 9150億円と薄商いだったこともあり、大きく願うごく要因となった。
終値では 125円安い 8669円。
 
 
4751 サイバーエージェント
【売 値】236,900円(07/20)
【買い戻】243,300円(07/20)
【売買数】3株。7100,700円。
【損 益】1株単位:-6,400円。-2.70%。損益額:-20,000円。
 
今日は売りでエントリー。1敗。マイナス額は 20,000円。
これまでもすでに資金状況が過去最悪な状況にある中で、さらに 2万円のマイナスとなった。
株価の動きは昨日と似たようなものではあったものの、昨日よりは値幅が大きく、また、大引けにかけて下がらなかったことから、今日の方が損失は膨らんだ。
東京市場の値動きではルール通りに大引けに向けて下がっていたのに、内需銘柄であるこの銘柄にはそれが反映されなかったのは残念だ。
もしかすると、日経平均採用銘柄のみでトレードを行うともっと勝率がよくなるルールなのかもしれない。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
FOMCの発表後、ユーロ安が進んだためダウは反落へ 日経平均は続落

 

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 442,816円。

 

こどもの日で休場

昨日のアメリカ市場・ダウ平均99ドル安の17,651ドル。東京市場・こどもの日で休場。

no image
正月三が日で休場。

 

no image
景気減速懸念が引き続き重しとなり、日経平均は 4日続落

 

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。412,000円の含み損。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均102ドル高の16,433ドル。東京市場・日経平均298円安の17,965円・東証マザーズ6ポイント安の777ポイント。

no image
アメリカの景況感指数でアメリカ株は上昇するものの東京市場はプラスを維持できず

 

no image
マネックスグループ、日本写真印刷、アルプス電気、神戸製鋼所を売りでエントリー。48000円利益。

 

エントリーなし。マツダ保有。9,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均208ドル高の18,034ドル。東京市場・日経平均274円高の19,909円・東証マザーズ0ポイント安の913ポイント。

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。318,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均47ドル高の16,049ドル。東京市場・日経平均457円高の17,388円・東証マザーズ16ポイント高の767ポイント。