幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

ヨーロッパ債権問題の悲観論が後退 世界的に株価回復へ

      2014/08/31

スペインの短期証券の入札を無難に通過し、アメリカの主要企業の決算も好調なことから、ヨーロッパの債権問題に対する過度の不安が和らぎ、売られすぎた株を買い戻しをする流れが広がった。
それによりダウは 194ドル(1.50%)高い 13,115ドルと今年 2番目の上昇幅で 2週間振りに 13,000ドルの大台を回復した。
東京市場は海外の株高の流れと対ドル、対ユーロでそれぞれ円安へ動いていることも好感し、輸出関連の大型株を中心に幅広く買いが集まった。また、上海市場やアジアの株高も追い風となり後場は一段高となった。
終値では 202円(2.14%)高い 9,667円となり 9600円台を回復した。
ただ、売買代金は 1兆851億円と 3日ぶりに 1兆円を上回ったものの商いは膨らまなかった。
 
 
今日の戦績
 
 なし
 
今日も売買シグナルが出ている銘柄はなかった。
昨日も書いたが、大きくどちらかに相場が動き始めるそのタイミングではなかなかエントリーシグナルが出ないルールなのだろう。
 
ちなみに、ダウがもし下げていたとした場合は下記の銘柄が買いエントリーでの対象となったはずである。
下記の条件だけみると 2%ほど勝てそうではあるが、単価の違いから資金を投入する額が違ってくるため、通常のエントリールールで購入していた場合は 0.4%ほどの利益にしかならなかったと思われる。
改めて、よくできたルールなんだなぁ、と思わされる。
 6101 ツガミ     始値:865。終値:846。損益:-19、-2.20%。
 2687 CVSベイエリア  始値:222。終値:233。損益:+11、+4.95%。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
アメリカの住宅市場に改善の兆しがあるものの世界景気は減速傾向

 

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。56,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均217ドル高の17,977ドル。東京市場・日経平均295円高の20,385円・東証マザーズ31ポイント高の980ポイント。

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 543,000円。

 

no image
テックファームにエントリーするも約定せず。トータルの含み損は 344,000。

 

no image
世界景気の減速観測で世界的な株安が再び進行中

 

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。73,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均212ドル安の17,402ドル。東京市場・日経平均327円安の20,392円・東証マザーズ20ポイント安の925ポイント。

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。145,000円の含み損。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均14ドル安の17,798ドル。東京市場・日経平均136円安の19,747円・東証マザーズ1ポイント高の867ポイント。

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。321,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均469ドル安の16,058ドル。東京市場・日経平均70円安の18,095円。

no image
セイコーHD、アールテックウエノ、フージャースコーポレーション、トーセイを買いでエントリーし、56,000円の利益

 

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。284,000円の含み損。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均530ドル安の16,459ドル。東京市場・日経平均895円安の18,540円・東証マザーズ105ポイント安の739ポイント。