幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

東証のシステム障害で 241銘柄が取引停止 それでも堅調

      2014/08/31

仏独が 2%前後の上昇を見せ、ダウ、NASDAQも上昇し昨年来の高値水準まで上昇した。
世界の経済指標の改善報告が相次ぎ、景気減速懸念が和らいできたことで買いが優勢となってきたようだ。
その堅調な流れを受け東京市場も始まる予定だったのだが、寄り付き前に東証でシステム障害が発生し、株式や ETFなどを含む 241銘柄の取引中止を発表した(東証のシステムを使っている札証は全銘柄停止)。
通常は、このようなシステム障害が発生した場合は、市場に悪影響を与えるために大きく売り込まれることが多いのだが、そんな障害をものともせずに上昇して始まった。
ヨーロッパが 2%前後の上昇をしていたことに比べると上昇幅は終値 67円(0.76%)と物足りないが、3日続伸していることを考えると非常に強い相場といえるのだろう。
ちなみに、昨日は寄り付き前の外国証券の注文動向で差し引き 2000万株のマイナスというリーマンショック直後に匹敵するほどの売り越しとなっていたのだが、それでもほぼ前日終値と変わらないレベルで取引が始まり、終値ではプラスで取引を終えていた。
今の相場環境はそれほどまでに底堅いと言える。
相場全体の心理がいいときは、システム障害のようなマイナス要素も関係ないのだろう。昨年の 11月頃の非常に重たい空気の時であったならば、-200円になるくらい売り込まれたのではなかろうか。
また、システム障害があったものの売買代金は 1兆2393億円と売買代金も堅調だ。
果たしてこの空気感がいつまで続くのだろうか。
 
 
今日の戦績
  トレードなし
 
今使っているトレードルールが、現状の相場観に合っていないのだと思われるため、少しトレード条件を緩和する必要があるだろう。
そもそも、前日比の値動きが 100円未満の日が 9日連続しており、また、1日の値幅も非常に小さい状況ではなかなか短気で値幅取りを成功させることは非常に難しい状況にあると思われる。
そのため、10日前後くらいで収益を出すようなルールを設定する必要があるのかもしれない。
 
ちなみに、ちょっと前まで持っていた伊藤忠、丸紅だが、今日が決算発表だった。
伊藤忠は 14時から始まったのだが、好決算と増配を発表し直後に一気に上昇。数分で 540円から 555円(+15円、+1.75%)の急騰であった。引けにかけてももう一段の上昇をしており、880円くらいまでは一気に行くのだろう。
一方、丸紅は日中は大きく上げていた(一時 +13円、+2.45%)ものの、14:30から始まった決算発表では好決算を発表したものの通期予想を据え置いたことで株価は急落。場中の値上がり分を全て帳消しにし、何とかプラスを維持したものの前日比 +1円(+0.19%)とほぼ前日値まで下げて引けた。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
世界全体の景気減速感が強まりダウは今年 2番目の下げ幅。東京市場は持ちこたえる

 

no image
ユナイテッド、新家工業にエントリーするも約定せず。持ち株の含み損は 378,000円。

 

no image
欧米市場は反落するも東京市場は反発

 

no image
アドテック、ヘリオステクノホールディングス、デジタルガレージ、IGポート、佐世保重工業、日本ファルコムにエントリーしたものの約定せず。トータルの含み損は 252,000円。

 

no image
アイフィスジャパン、新日本無線、ファーマフーズ、クルーズにエントリーするも、約定せず。トータルの含み損駅は 60,000円の含み益。

 

no image
東京電力を手仕舞いし、19,000円の利益確定。ファンドクリエーショングループ、ユーグレナ、図書印刷にエントリーし、図書印刷のみ約定。8,000円の含み損。

 

no image
イーター電気工業、アマナホールディングス、ソフィアホールディングス、グリー、インフォマート、夢の街想像委員会にエントリーするも約定せず。トータルの含み損は 215,000円。

 

no image
日本エム・ディ・エム、UBICにエントリーするも約定せず。トータルの含み損は 323,000。

 

no image
3月の権利落ち日 日経平均の見た目は下落ながら実質プラスの堅調相場

 

JMNCにエントリーするも約定せず。ドリコム、環境管理センター、マーベラス保有。290,982円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均30ドル安の17,067ドル。東京市場・日経平均59円高の15,728円・東証マザーズ5ポイント安の955ポイント。