幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

丸紅、シーラボ両株売却 外国為替保証金取引(FX)口座開設

      2014/08/31

ダウは最終的に上昇して取引を終えたが、S&Pが EUの格付けを引き下げると発表したことや、日本時間の今晩から始まる EU首脳会議に対して独の閣僚の一人が会談の進展に否定的な発言をしたと伝わったことにより前日終値を挟んだ展開で堅調とは言い難かった。
ただ、終わりにかけては EU首脳会議に対する期待感から金融株を中心として買いが入り上げて終えることが出来た。
東京市場はこの流れには乗れず、寄りつき前に発表された機械受注統計が市場予想を大きく下回ったことで景気の先行き不透明感が指摘され、ここ最近の上昇が急ピッチだった銘柄を中心に売りがふくらんだ。その結果、前場はずるずると下げる展開が続き、前場の安値圏で取引を終えた(93円安、1.07%安)。
だが、後場に入り状況が大きく変わる。アジア株も軒並み安手はあったものの上海、香港が下げ幅を縮めていることを受け、日経平均も上昇に転じ下げ幅を大きく縮める展開になった。結局終値では前場の下げのほぼ半分まで戻し、57円安(0.66%安)の 8664円で引けた。
前場と後場でトレンドが変わったために大きく動いたように見えるが、1日の値幅は 63円で、売買代金も 1兆円を下回っており、今晩の首脳会議を前に模様眺めの相場であったと言える。
 
 
今日の戦績
8002 丸紅
【購 入】478円(12/01)
【売 却】481円(12/07)
【損 益】(+3円。+0.63%)(前日比 -3円。-0.62%)
 
4924 DR.シーラボ
【購 入】473,500円(11/30)
【売 却】481,500円(12/07)
【損 益】+8,000円。+1.69%(前日比 +14,500円。+3.11%)
 
丸紅株は、今日の首脳会議を前に売却することを決めていたのだが、日経平均と歩調を合わせるように今日は朝から大きく下げていた。引け間際には 473円(前日比 11円安、2.27%安)まで下げ、購入価格と比較しても 1%を超えて下落していた。
さすがに今日売却することを決めてはいたものの、この状況での売却には非常に勇気が要った。だが、ここ 1週間、同じことを繰り返しつつ、全く何も収益につながっていなかったため、勇気を出して売ることにした。
のではあったのだが、後場に入り日経平均と同様大きく流れが好転する。後場の寄りつきこそ静かに寄りついたが、すぐに大きく上昇を始めたのだ。475円から 484円のピークまで 1時間ほどだった。484円で売れればよかったが、その後下げたために売るタイミングを逃し、14:50頃に 481円で売却。その後 482円まで上げたものの 479円まで下げて引けたため、ラストチャンスで売却できたことになる。
 
シーラボは、前日より上げて寄りついたあと、10時前まではやや軟調な値動きで前日比マイナス圏の状況もあった。だが、そこから急反発し、後場寄りつきで急騰。一時 483,500円まで上昇した。その後場開始直後の急騰を利用して売却。(その後急落。引けにかけて 481,000円まで戻す場面もあったが、ワンチャンスで売り抜けたことになる。)
11月30日に売却分も含めて全て売却完了した。売却まで 7日かかったが売却益は 10倍になった。というか、前回の利益がランチ代より安かった方が問題なのだが。
 
シーラボが上がる予想はしていなかったために売れるとは思っていなかったが、今晩の首脳会議を前に売却でき当初の目的を達成できたことを喜ぼう。
今晩、明日と安心して EUの首脳会議のニュースを見ていられるだろう。
 
 
また、今日、外国為替保証金取引(FX)の口座開設申請を行った。
トレード手段を増やすという方法と、為替取引の実際を経験しておくためのものだ。
実際 FXの取引を増やしていくかどうかは今のところ特に考えがあるわけではない。
 
すでに証券口座がある証券会社での開設のため、Webサイトからの申し込みで完了する。(電話等での追加審査が行われる可能性もあるが。)


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

保有株なし。日経平均423円安の17,767円。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均252ドル安の16,906ドル。東京市場・日経平均423円安の17,767円・東証マザーズ0ポイント安の879ポイント。

no image
マツダ、アルプス電気、パナソニック、イビデンを売りでエントリー

 

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。73,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均212ドル安の17,402ドル。東京市場・日経平均327円安の20,392円・東証マザーズ20ポイント安の925ポイント。

no image
金曜日がダウ休場によりトレードも休み

 

no image
ユビキタスを手仕舞いし、17,000円の利益確定。NFKホールディングス、テラプローブにエントリーするも約定せず。持ち株の含み損は 440,000円。

 

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。330,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均312ドル安の16,001ドル。東京市場・日経平均714円安の16,930円・東証マザーズ28ポイント安の750ポイント。

no image
ヨーロッパ債権問題の悲観論が後退 世界的に株価回復へ

 

SHIFT、東芝保有。119,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均99ドル安の18,015ドル。東京市場・日経平均253円高の20,428円・東証マザーズ16ポイント高の1014ポイント。

no image
燦キャピタルマネージメント、ブレインバッド、エムティーアイ、澤田ホールディングス、宮地エンジニアリングにエントリーし、澤田が約定。24,200円の含み損。トータルの含み損は 201,199円。

 

no image
薄商いの中景気減速感から大引けにかけて大きく下げる結果に