幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

東京電力を手仕舞いし、19,000円の利益確定。ファンドクリエーショングループ、ユーグレナ、図書印刷にエントリーし、図書印刷のみ約定。8,000円の含み損。

      2014/08/31

【昨日のアメリカ市場】
朝方発表された ADP全米雇用リポートで、非農業部門の雇用者数の伸びが市場予想を下回った。雇用統計の先行指標とされるため、景気回復を慎重に見る雰囲気が広がった。
サプライマネジメント協会(ISM)が発表した 3月の非製造業景況感指数も前月から低下したことも重荷となった。
寄り付きはプラス圏だったものの、買い一巡後に下落を開始。10時にはすでにマイナス圏に突入しており、その後も右肩下がりで値を戻すことなく下落を続けていった。終値は 111ドル安い 14,550ドル。
 
【東京市場】
今日まで開いていた日銀の金融政策決定会合で追加緩和を決定した。市場では期待を上回る内容と受け止められ、結果が伝わった 13時45分頃から急速に買い優勢となった。
追加緩和の内容は、長期国債の買い入れの拡大や年限の長期化が予想以上の規模だったことに加え、株式市場では、上場投資信託(ETF)と不動産投資信託(REIT)の保有残高をそれぞれ年間 1兆円、300億円増えるよう買い入れるとの決定が株価上昇を誘った。
また、この決定により、為替市場で 1ドル 92円台後半から 94円台後半まで急落したことも買いを誘った。
朝方から 200円を超えて下落して取引が始まり、一時 280を越えて下落する場面もあり、日銀政策決定会合が発表されるまでは 200円を超えて下落している水準だった。
しかし、その後大きく反発し、終値は 272円高い 12,634円と高値引けとなった。1日の値幅は 558円となり 2011年3月15日の 1214円以来となった。売買代金は 3兆0875億円となり 3月8日以来の 3億円台となった。
 
 
今日の手仕舞い約定
 
9501 東京電力
【買 値】286円(04/03)
【売 値】311円(04/04)
【売買数】800株。228,800円。
【損 益】1株単位:+25円。+8.74%。損益額:+19,583円。
 
昨日の終値の 313円以下を逆指し値の条件とし手仕舞いエントリー。寄り付き直後の 311円で約定し、19,583円の利益確定。
昨日のレーサムなどは寄り付きでの大きな値動きを見送って損失を回避してきたのだが、今日は、寄り付きで手仕舞いし、利益を確保させた。
今日の東京電力は、寄り付きが一番高く、すぐさま下落して 1日で 6%を越えて下落した。そのため、寄り付きで売れなければ大きく利益を減らしていた可能性があったのだが、いい判断ができたと思う。
昨日と違う判断をした一つの理由は、東京電力の時価総額の大きさだ。同じルールを利用しているユーザが一気に売り注文を出してもそれほどマーケットインパクトは大きくならないだろう、と考えたからだ。
システムトレードをしているのだから、ルールに従ってトレードすることが大前提ではあるのだが、このルールはマーケットインパクトが大きすぎるため、何かしらの手だてが必要なのだ。結構面倒なルールでもある。
 
 
今日の買い約定
 
7913 図書印刷
【買 値】294円(04/04)
【売 値】287円(04/04・保有中)
【売買数】1,000株。294,000円。
【損 益】1株単位:-7円。-2.38%。損益額:-7,400円。
 
ファンドクリエーショングループ、ユーグレナ、図書印刷にエントリーし、図書印刷のみ約定。7,400円の含み損。
図書印刷は、寄り付きから大きく上昇して取引が始まった。寄り付きから逆指し値の額を超えていたため、そのまま成り行き注文となり、寄り付きより 1%ほど高い額で約定。その後、1日を通してほぼ寄り付きと同水準で取り引きされていたが、もともと高くなりすぎていたため、大引けではやや下げて 2%ほどの含み損が出ている状況だ。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。303,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均293ドル高の16,351ドル。東京市場・日経平均86円高の18,182円・東証マザーズ6ポイント高の772ポイント。

no image
景況感悪化も円安進行で株は上昇 週末、衆院選直前で確定売りも

 

no image
ECB理事会の結果を受け全世界的に株価が大きく上昇

 

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。125,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均158ドル安の17,729ドル。東京市場・日経平均1円高の19,939円・東証マザーズ2ポイント高の896ポイント。

no image
ECBドラギ総裁の発言を受け欧米市場とともに東京市場も大幅高

 

no image
リミックスポイント、石山Getewayにエントリーするも約定せず。トータルの含み損は 459,000。

 

no image
KLabを手仕舞いし 39,000円の損失確定。神戸製鋼所、パイオニア、セイコーエプソンにエントリーするも、約定せず。持ち株の含み損は 310,000円。

 

SUMCO、マツダ、富士重工保有。204,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均51ドル高の18,041ドル。東京市場・日経平均624円安の16,666円・東証マザーズ30ポイント安の1131ポイント。

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 846,000円。

 

JMNCにエントリーするも約定せず。ドリコム、環境管理センター、マーベラス保有。302,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均10ドル高の17,078ドル。東京市場・日経平均52円高の15,676円・東証マザーズ12ポイント安の942ポイント。