幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

レーサム手仕舞いし、5,000円の利益確定。四国電力、シノケングループ、東京電力にエントリーし、21,000円の含み益。

      2014/08/31

【昨日のアメリカ市場】
2月の製造業受注額は前月比 3%増。市場予想と同程度だったが、景気は回復基調にあると受け止められ買い安心感につながった。
また、連休明けのヨーロッパの株式市場が軒並み上昇したことや、キプロスの銀行への警戒感も和らぎつつあることも安心感につながっている。
寄り付きは 50ドルほど高い水準だったが、すぐに上昇を始め、11時頃には上げ幅は 110ドルを超えた。その後は 100ドルほどの水準でもみ合い、大引けにかけてやや伸び悩んだものの、終値は 89ドル高い 14662ドル。過去最高値を 2営業日ぶりに更新した。
 
【東京市場】
為替市場はほぼ動きなし。日銀の金融緩和に対しては期待が根強い一方、好材料は出尽くしとの見方もあり、金融緩和の恩恵を受けそうな金融や不動産株の上値は重かった。
そのような状況の中、イースター休暇明けの海外投資家からの資金が流入しやすかったことや、2日続落で 400円近く下落していたことの反動で、先物主導で買いが入った模様だ。
また、前日にユニクロの 3月の既存店売上高が 23.1%増だったと発表したファーストリテイリングが 13.9%高と急騰し、年初来最高値を更新した。このファストリ 1銘柄で日経平均を 174円も押し上げており、今日の上昇幅の半分を支えたことになる。
寄り付きは 100円高で始まり、すぐさま急上昇し 200円高に達した。その後も 200円前後の水準を維持し後場に突入。後場にはいると徐々にさらに上値を追う展開となり、大引けでは 358円高まで到達し、12,362円となった。上げ幅は 2月6日の 416円高以来となった。
売買代金は 2兆3393億円。
 
 
今日の手仕舞い約定
 
8890 レーサム
【買 値】167,500円(04/02)
【売 値】170,700円(04/03)
【売買数】2株。335,000円。
【損 益】1株単位:+3,200円。+1.91%。損益額:+5,830円。
 
レーサムを手仕舞い処理し、5,830円の利益確定。
寄り付きは昨日の終値と同じ 169,400円で、そのまま売りに押され 167,200円まで急落している。そのため、成行で売っていた場合は 1%以上利益が減っていた可能性がある。
しかし、昨日に引き続き今日も寄り付きを眺めつつ、プラスに転じたところで逆指し値で昨日の終値近辺の値を設定して対応。9:21に再びマイナス圏に転じたため、そこで手仕舞いとなり終了。
その後、10%近く上昇したが、その値動きはすでに終了したあとだった。また、今日の終値でも 5%ほどプラスだったが、結果論である。
 
 
今日の買い約定
 
9501 東京電力
【買 値】286円(04/03)
【売 値】313円(04/03・保有中)
【売買数】800株。228,800円。
【損 益】1株単位:+27円。+9.44%。損益額:+21,400円。
 
買いエントリーは、四国電力、シノケングループ、東京電力。うち、東京電力のみ約定。含み益は 21,400円。ちなみに、東京電力は 1日で 24%も上昇している。
もう一つちなみに、さすがに東京電力は時価総額が大きいため、全くスリッページはなかった。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
大きく反発し先週末の下げを取り戻すものの売買代金は低調

 

エントリーなし。マツダ保有。3,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均56ドル高の17,958ドル。東京市場・日経平均30円安の19,907円・東証マザーズ2ポイント高の903ポイント。

環境管理センターを手仕舞いし 114,261円の損失確定。日本メディカルネットコミュニケーションズにエントリーし約定。2,012円の含み益。JMNC、ドリコム、マーベラス保有。トータルは 203,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均8ドル安の17,069ドル。東京市場・日経平均7円安の15,668円・東証マザーズ3ポイント高の946ポイント。

no image
光陽社、ネクスト、淺沼組、矢作建設工業にエントリーしたものの約定せず。トータルの含み損は 382,000円。

 

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。321,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均469ドル安の16,058ドル。東京市場・日経平均70円安の18,095円。

JMNCにエントリーするも約定せず。ドリコム、環境管理センター、マーベラス保有。290,982円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均30ドル安の17,067ドル。東京市場・日経平均59円高の15,728円・東証マザーズ5ポイント安の955ポイント。

エントリーなし。JMNC、エプソン、マツダ、サイバーダイン保有。217,000円の含み損。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均81ドル安の18,132ドル。東京市場・日経平均28円高の18,826円・東証マザーズ4ポイント安の876ポイント。

エントリーなし。JMNC、エプソン、マツダ、サイバーダイン、マーベラス保有。64,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均111ドル安の17,068ドル。東京市場・日経平均64円高の16,819円・東証マザーズ8ポイント安の869ポイント。

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 351,245円。

 

no image
貿易収支が赤字で円安が加速 円安を受け株価は上昇