幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

カルディナバイオサイエンス、エーディーワークス、日本アジア投資にエントリーし、エーディーワークスのみ約定。含み益は 2,600円(1.26%)。

      2014/08/31

【先週末のアメリカ市場】
Good Friday で休場。
 
 
【東京市場】
寄り付き前に発表された 3月の日銀短観で大企業製造業の業況判断指数(DI)は改善したものの、中小企業の収益回復の鈍さが目立ち、過度な内需改善期待の後退につながった。
また、為替市場で円相場が対ドル、対ユーロで強含んだことをきっかけとして利益確定売りが増えた。
今週は週半ばに日銀の金融政策決定会合が開かれ、週末にはアメリカの雇用統計が発表されるなど重要日程が控えているため、積極的に押し目を拾う動きは限られたため、後場に入り一段安となった。
寄り付きは先週末の終値近辺で取引が始まったが、すぐさま下落を始め、10時過ぎには 150円安水準まで下落。その後 14時頃まではその水準を維持したもののその後は一段安となり、終値は 262円安い 12,135円と安値引けとなった。
売買代金は 2兆0110億円。
 
 
今日の戦績
 
3250 エーディーワークス
【買 値】19,900円(04/01)
【売 値】20,150円(04/01)
【売買数】12株。238,800円。
【損 益】1株単位:+250円。+1.26%。損益額:+2,600円。
 
カルディナバイオサイエンス、エーディーワークス、日本アジア投資にエントリーし、エーディーワークスのみ約定。含み益は 2,600円(1.26%)。
久しぶりの約定で、わずかではあるが利益が出ているので一安心といったところか。ただ、逆指し値は 18,750円だったため、6.13%も高い値で約定したことになる。後場の寄り付きで大きく跳ねているためスリッページとは違うと言えるのだが、6%はかなり大きな額だ。明日、下落しなければいいが....
 
ちなみに、ユビキタスにもエントリー指示が出ていたが、信用余力不足でエントリーできず。しかし、ユビキタスにエントリーできていた場合は、10.07%、34,000円ほどの含み損が出ていた可能性があり、命拾いをしたといったところか。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

SUMCO、マツダ、富士重工保有。204,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均3ドル安の17,526ドル。東京市場・日経平均1円高の16,646円。

no image
欧米株が大幅安 東京市場も大幅安ながら大きく値を戻す

 

エントリーなし。JMNC、エプソン、サイバーダイン、マーベラス保有。127,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均215ドル高の16,614ドル。東京市場・日経平均391円高の15,195円・東証マザーズ20ポイント高の868ポイント。

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 689,000円。

 

no image
ドリコムを手仕舞いし、11,474円の利益確保。JALCOホールディングス、イーター電機工業、ディップ、リリカラ、オンキョーにエントリーし、JALCO、イーターが約定し、32,200円の含み損。トータルの含み損は 229,000円。

 

エントリーなし。JMNC、エプソン、マツダ、サイバーダイン、マーベラス保有。30,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均6ドル高の18,030ドル。東京市場・日経平均45円安の17,808円・東証マザーズ3ポイント安の870ポイント。

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。269,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均309ドル安の17,265ドル。東京市場・日経平均347円安の18,883円・東証マザーズ4ポイント安の898ポイント。

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。330,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均312ドル安の16,001ドル。東京市場・日経平均714円安の16,930円・東証マザーズ28ポイント安の750ポイント。

no image
日銀の金融緩和期待を背景に円安基調は続く 東京株は続伸

 

no image
景況感悪化も円安進行で株は上昇 週末、衆院選直前で確定売りも