幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

連休明けは景気減速懸念で様子見相場

      2014/08/31

先週末の金曜日のニューヨーク市場。
JPモルガンチェースの四半期決算が市場予想ほど悪化しなかったこと、ウェルズファーゴが大幅増益となったことで、アメリカの企業収益はそれほど悪化していないとの見方が広がった。
また、中国の 4月~6月期の GDPのの伸び率も市場予想に沿ったものとなったため、世界的な景気減速懸念も薄らいだ。
それにより、ダウは寄り付きからすぐに大きく上昇し、終値で 203ドル高い 12777ドルとなった。
昨日の東京市場が休みだった休み明けのニューヨーク市場。
6月の小売売上高が市場予想に反して減少したことにより、景気の先行きへの不安感が広がり、小売りや景気敏感株を中心に売りが広がった。また、中国の景況感に対して温家宝首相が慎重な見方を示したことも嫌気された。
ただ、今後の企業決算を見極めたい、バーナンキ FRB議長の議会証言を待ちたいといった向きもあり、一方方向に値が動く相場にはなりづらく、引けにかけては下げ幅を縮め、49ドル安い 12727ドルまで戻して引けた。
一方、東京市場は、アメリカの景気減速懸念が強まる中、先週末の終値近辺でもみ合いマイナス圏になることもあるなど、軟調な展開となった。
しかし、円高に対して断固たる措置をとると安住財務大臣の発言が伝わると、円高が一服するとともに株価は急上昇した。後場にも一段高になる場面もあったが、上昇は続かず、大引けにかけて急速に上げ幅を縮小させた。
終値では 30円高い 8755円。売買代金は 9230億円と 1兆円を割った。
また、今日は値下がり銘柄が値上がり銘柄の倍以上あり、模様眺めが強い相場であり、TOPIXは下落しており、大きく上昇したファーストリテイリングだけで 29円押し上げていることから、本当の姿はほぼ前日の終値と変わらなかったとも言える。
 
 
今日の戦績
 
8185 チヨダ
【売 値】1,940円(07/17)
【買い戻】1,955円(07/17)
【売買数】300株。582,000円。
【損 益】1株単位:-15円。-0.77%。損益額:-5,300円。
 
今日は久しぶりの売りでのエントリー。
しかし、負けで 5300円のマイナス。
せっかく金曜日に少しプラスになったのだが、それを守りきれないのは残念だ。
今は、少しでもプラスを積み重ねるしかないのに...
 
7月の後半戦、せめて半分ほどは戻してほしいものだ。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
正月三が日で休場。

 

no image
円安が続き、引き続き株が買われる

 

no image
パソナグループを手仕舞いし、17,000円の利益確定。北海道電力、四国電力にエントリーするも約定なし。保有銘柄の含み損益は 7,000円の損失。

 

no image
日経平均続落 丸紅が反落しマイナスへ

 

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。236,000円の含み損。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均74ドル高の17,215ドル。東京市場・日経平均160円安の18,131円・東証マザーズ5ポイント安の797ポイント。

建国記念日で休場

昨日のアメリカ市場・ダウ平均139ドル高の17,868ドル。東京市場・建国記念日で休場。

no image
アスモ、名村造船所にエントリーし、名村のみ約定。含み益は 5,000円。トータルの含み損は 573,000円。

 

エントリーなし。JMNC、エプソン、マツダ、サイバーダイン、マーベラス保有。340,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均51ドル安の17,776ドル。東京市場・日経平均73円高の17,663円・東証マザーズ12ポイント高の970ポイント。

エントリーなし。JMNC、エプソン、マツダ、サイバーダイン、マーベラス保有。188,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均6ドル高の17,673ドル。東京市場・日経平均174円安の17,504円・東証マザーズ8ポイント安の872ポイント。

no image
世界全体の景気減速感が強まりダウは今年 2番目の下げ幅。東京市場は持ちこたえる