幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記


長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。345,000円の含み損。

      2015/09/28

昨日のアメリカ市場・ダウ平均50ドル安の16,279ドル

 
中国の 9月の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は 47.0と、前月の 47.3よりも一段と悪化し、6年半ぶりの低水準となり、改めて中国景気の鈍化が意識された。
建機のキャタピラーや航空機のボーイング、機械のユナイテッドテクノロジーズなど景気敏感株を中心に売りが出た。
ニューヨーク原油先物相場問下げ、石油株や化学などの素材関連株も売られ、ダウ平均は 12時過ぎには 118ドルまで下げる場面もあった。
ダウ平均の終値は 50ドル、0.31%安の 16,279ドル。
ナスダック総合株価指数は 3ポイント、0.1%安の 4752ポイント。
 
 

東京市場・日経平均498円安の17,571円・東証マザーズ21ポイント安の756ポイント

 
東京市場が休場中にアメリカ市場が大きく下落した流れを受けて、東京市場でも大きく下落して始まった。
VWによるディーゼル車の排ガス規制への不正や中国の製造業購買担当者景気指数の落ち込みなどから、全面安の展開となったが、特に自動車関連株や中国関連株への売りが目立った。
日経平均は寄り付きは 250円ほどやすいすい順だったものの、ジリジリと値を下げ、引けにかけては一段安となった。
日経平均の終値は 498円、2.76%安の 17,571円。売買代金は 2兆7465億円。
新興市場でも投資家心理が悪化し、売りが優勢となった。
日経ジャスダック平均の終値は 12円、0.49%安の 2489円。売買代金は 451億円。1年5ヶ月ぶりの低水準。
東証マザーズ指数は 21ポイント、2.74%安の 756ポイント。
 

 

今日の戦績

 

保有銘柄

 
                今日 トータル トータル額
1808 長谷工コーポレーション  -1.06% -14.50%  -66,625円
2768 双日           -3.75% -25.33% -101,857円
7956 ビジョン         -1.28% -35.01% -136,702円
9787 イオンディライト     -2.01% -10.43%  -39,705円
 
トータルの含み益は -344,889円。前日比 -26,200円。-1.99%。
今日も日経平均と同じく大きく下落。やれやれだね。
 
 


 

今日のエントリー銘柄

 
エントリーなし。

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
重要発表を前に様子見強く相場は閑散とする中軟調な展開に

 

no image
UMNファーマ、スリーディーマトリックス、日本写真印刷、セイコーHDを買いでエントリー。38,000円の利益。

 

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。259,000円の含み損。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均157ドル高の17,646ドル。東京市場・日経平均121円高の18,847円・東証マザーズ12ポイント高の803ポイント。

no image
追加金融緩和の期待があるなか、為替が円高にふれたため急落

 

SUMCO、マツダ、富士重工保有。233,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均53ドル高の16,484ドル。東京市場・日経平均224円高の16,140円・東証マザーズ9ポイント高の832ポイント。

no image
パルステック工業を手仕舞いし 90,000円の利益確定。スパークスグループ、サニックス、ユニデンにエントリーするも約定せず。含み損は 267,000円。

 

no image
下げが急だったために、一時の休憩か

 

エントリーなし。JMNC、エプソン、マツダ、サイバーダイン、マーベラス保有。262,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均63ドル高の17,596ドル。東京市場・日経平均114円高の17,371円・東証マザーズ6ポイント安の915ポイント。

no image
追加緩和の効果は薄く、中国景気減速懸念で大きく売られる

 

no image
ECB理事会の結果を受け全世界的に株価が大きく上昇