幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

下げすぎの反動もありアメリカ株が上昇 それを安心材料に東京市場大幅反発

      2014/08/31

昨日のアメリカ市場は、ISMが発表した非製造業景況感指数が市場予想に反して改善したことで、このところ増えてきていたアメリカ景気の先行き懸念を後退させた。それにより、5日ぶりの反発となった。
とはいえ、反発力は弱く終値で 26ドル高い 12127ドルとなった。
対して東京市場は、主要国の追加の金融緩和への期待が高まってきていることや、アメリカ市場が上昇したことを手がかりに、割安感から大きく反発した。このところの円高傾向がやや和らいだことも買い安心感につながったようだ。
終値では 151円高い 8533円と 8500円を上回った。売買だ金は 1兆1871億円となった。
 
 
今日の戦績
 
6728 アルバック
【売 値】545円(06/06)
【買い戻】605円(06/06)
【売買数】1,100株。599,500円。
【損 益】1株単位:-60円。-11.01%。損益額:-66,800円。
 
今日は 1敗。負けの額も 7万円弱と 1銘柄としては非常に大きな負けっぷりだ。
久しぶりの売りでのエントリーだったわけだが、今日は日経平均も大きく反発したタイミングで、非常に悪いタイミングとなった。
これで総額 15万円ほどのマイナスとなり、もうすぐで最大のマイナスの額になるくらいのへこみとなった。
 
また、新ルールの場合は、今日僕が買ったアルバックに加え、7733オリンパスがエントリー対象となっていた。
結果、アルバックは同じく大きな損失を出す結果となっているが、それをオリンパスがわずかながら取り戻す結果となった。
とはいえ、7万円に対して 5%にも満たない 3000円弱ではいかんともしがたい...
 7733 オリンピック  売値:1,343。買戻:1,338。損益:+5円、+0.37%。700株、+2,700円。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
トレードなし

 

no image
日本コンベヤ、グローブライドにエントリーするも約定せず。トータルの含み損は 468,000。

 

no image
欧米株は 3分の 1値戻し 東京株は 3倍戻し

 

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。270,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均14ドル高の17,230ドル。東京市場・日経平均75円高の18,207・東証マザーズ6ポイント安の791ポイント。

no image
ギリシャ支援問題に進展 円安により日経平均大幅上昇

 

SUMCO、マツダ、富士重工保有。204,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均3ドル安の17,526ドル。東京市場・日経平均1円高の16,646円。

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 217,658円。

 

no image
アメリカの景況感悪化で日米ともに売られる

 

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。29,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均121ドル高の17,751ドル。東京市場・日経平均219円高の20,522円・東証マザーズ9ポイント安の853ポイント。

SHIFT、東芝保有。22,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均56ドル安の17,849ドル。東京市場・日経平均3円安の20,457円・東証マザーズ3ポイント安の957ポイント。