幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

世界全体で株高傾向が見えてきた

      2014/08/31

アメリカの企業業績改善や景気回復期待、雇用情勢の改善期待、フランス、スペインの国債入札が順調だったこと、ギリシャ支援の交渉への期待などからヨーロッパ市場、アメリカ市場ともに上昇してきた。
その流れを日本市場も十分に享受し、今日の東京市場は、欧米市場よりも高い上げ幅を記録した。また、アジア株も上昇し、世界全体で株価の上昇局面に入ってきたかのようだ。
東京市場は、欧米の株高に加え、これまで進んできた円高が一転反落したことも追い風となった。
国債優良銘柄や金融株、半導体セクターなどが買われ、売買代金も 1兆4934億円と 3ヶ月ぶりくらいの盛り上がりとなった。ただ、週末と言うこともあり大引けにかけて高値引けという勢いまでには至らなかった。
 
 
今日の戦績
8001 伊藤忠
【購 入】805円(12/12)
【現在値】804円
【損 益】(-1円。-0.12%)(前日比 +16円。+2.03%)
 
8002 丸紅
【購 入】484円(12/12)
【現在値】505円
【損 益】(+21円。+4.34%)(前日比 +7円。+1.41%)
 
今日は市場全体の上昇の流れを受け、両株とも順調に上昇した。
ただ、丸紅は、一時的に前日の終値の +1円(+0.2%)まで下落する場面もあり、心配する場面もあったが、その後は持ち直し底堅い値動きをしていた。
日足で情報を見ると、窓を開けて上昇したため、その窓をいったん閉じるために下げて底堅さを確認して再上昇をしたと見ることも出来、今後の上昇に期待がかかる。違う見方をすると、ほぼ十字線のため、この上昇がここで終わる可能性があると見ることも出来る。
一方、伊藤忠は、810円、820円、830円とそれぞれ上値抵抗線になるものがあるため、ここを上回って上昇することが出来るかどうかが今後のトレンドを変えていけるかにかかっているだろう。
ちなみに、今日の上昇で、伊藤忠はようやく買値からのマイナス幅が 1円までに迫ってきた。週明け上昇すればついにプラス圏になるだろう。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
今日もルックと東京電力

 

no image
安倍首相への経済政策への期待から円安、株高がつづく

 

no image
システムディ、ぷらっとホーム、ティアック、サイボウズ、シライ電子工業にエントリーし、ティアック、ぷらっとが約定。含み損は 49,400円。トータルの含み損は 287,581円。

 

no image
大同工業、三菱マテリアル、ウイン・パートナーズにエントリーするも約定せず。保有株の含み損は 364,000円。

 

SUMCO、マツダ、富士重工保有。251,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均212ドル高の16,697ドル。東京市場・日経平均48円高の16,188円・東証マザーズ6ポイント安の826ポイント。

東京市場は文化の日で休場

先週末のアメリカ市場・ダウ平均195ドル高の17,390ドル。東京市場は文化の日で休場。

no image
欧米は前日終値と変わらない水準ながら東京市場は大幅反発

 

SUMCOを取得。SUMCO保有。19,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均227ドル高の16,379ドル。東京市場・日経平均93円安の17,147円・東証マザーズ25ポイント安の800ポイント。

SHIFT、東芝保有。12,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均26ドル安の18,285ドル。東京市場・日経平均6円高の20,202円・東証マザーズ5ポイント高の951ポイント。

no image
ユーロ圏の財政問題再燃で世界的な株安に ただ日経平均 8500円割れは値ごろ感があるのか