幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

春分の日で休場

      2014/08/31

【昨日のアメリカ市場】
ECBが、必要があればキプロスの規定の範囲内で流動性を供給することを確認した、とアメリカのメディアが報じたことで買い安心感が広がった。
また、2月の住宅着工件数や住宅着工件数が前月から増えたことも相場を支える要因となった。
しかし、ユーロ圏から金融支援を受ける条件だった銀行預金に課税する法案をキプロス議会が否決したことで、金融システム再建に向けての不透明感が増したことで投資家心理を冷やす結果となった。
朝方は50ドルほど高い水準まで上昇していたが、12時を前にしてマイナス圏に下落。その後は、50ドルほどやすい水準でもみ合い、14時を過ぎた辺りから徐々に下げ幅を縮小し、終値でかろうじてプラスに戻すという展開となった。
終値は 3ドル高い 14,455ドル。
 
 
【東京市場】
春分の日で休場。
 
 
今日は休場だったためにトレードは行わなかったが、現行ルールの特徴を理解するために、運用ルールの条件を変えつつ、どのような銘柄がリストアップされるか、運用結果がどのように変わるかをチェックしてみた。
 
まだまだ検証の数は足りないが、見えてきたものとしては、小手先の条件変更ではさすがに現状のルールを上回る結果は得られるものではない、ということだ。
 
そう。問題はスリッページだけなのだ。
 
いかにスリッページを回避するか。それをどのような形で実装するか。実現するか。
 
可能であれば、それを運用ルールの中に組み込めればいいのだが、できないのであれば、運用ルールを変更せずに運用上の手続きとしてそれに対応していくしかないだろう。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
アメリカの雇用統計悪化から円高が進行 輸出関連株を中心に売られる

 

no image
ダウ上昇! ドル円の為替円安へ! 寄付から日経平均上昇! それでも今日も売りで仕掛ける!

 

no image
あけましておめでとうございます。 大発会は大幅上昇

 

マツダにエントリーし、2,994円の含み益。JMNC、エプソン、マツダ、サイバーダイン、マーベラス保有。145,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均12ドル高の16,817ドル。東京市場・日経平均58円安の15,329円・東証マザーズ12ポイント高の897ポイント。

エントリーなし。保有株なし。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均74ドル安の18,035ドル。東京市場・日経平均538円安の19,520円・東証マザーズ9ポイント安の909ポイント。

no image
三菱自動車、東洋紡、アルプス電気、パナソニックを売りでエントリー

 

no image
円が売られ株が買われた。しかし、目新しい材料がない中上値は重い

 

no image
マイクロニクス、インターアクション、日本インター、フリービット、インプレスホールディングスにエントリーし、マイクロニクス、インターアクションが約定。トータルの含み損は 155,000円と前月の 1ヶ月の利益の 4割ほどを吹き飛ばす額となった。

 

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。41,000円の含み損。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均56ドル安の17,689ドル。東京市場・日経平均37円安の20,548円・東証マザーズ22ポイント高安の942ポイント。

no image
ファンドクリエーショングループを手仕舞いし、5,000円の利益確定。日本アジア投資、ランドビジネス、エフティコミュニケーションズにエントリーするも約定なし。