幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記


保有株なし。日経平均76円安の18,374円。

   

昨日のアメリカ市場・ダウ平均276ドル安の17,148ドル

 
中国株の急落を受けて、取引を制限するサーキットブレーカーが発動されるなど中国市場の混乱が鮮明となり、日本、ヨーロッパの株式相場が大きく下落した流れを受けて、アメリカ市場も朝から売り一色となった。
サプライマネジメント協会(ISM)が発表した 12月の製造業景況感指数や 11月の建設支出がいずれも市場予想に反して悪化し、アメリカの景気に対する不安感も相場を押し下げた。
11時ごろ、15時頃にいずれも 400ドルを超えて下落し 17,000ドルを割り込む場面もあった。
ダウ平均の終値は 276ドル、1.58%安の 17,148ドル。
ナスダック総合株価指数は 104ポイント、2.1%安の 4903ポイント。
 
 

東京市場・日経平均76円安の18,374円・東証マザーズ10ポイント高の897ポイント

 
3日にサウジアラビアがイランとの外交関係の断絶を発表したのに続き、4日にはバーレーンとスーダンもイランとの断交を発表し、地政学リスクが意識され株式市場への重荷となった。
寄り付きから大きく下落し、10時頃には 100円を超えて下落する場面があった。
しかし、日本株は売られすぎのサインも出ており、値ごろ感から買いが増えた。中国上海指数が上昇したこともあり、10時半頃にはプラスに転じ、後場の寄り付きでは上げ幅が 100円近くにまで広がった。
ただ、上海指数も方向感を欠いており、先行き懸念も根強く、買いは続かず、14時を過ぎてマイナスに転じた。
日経平均の終値は 76円、0.42%安の 18,374円。売買代金は 2兆2013億円。
 
新興市場では前場終わり値頃から日経平均が上昇に転じたことで投資家心理が好転し、買いが広がった。
日経ジャスダック平均は 1円、0.05%高の 2640円。売買代金は 736億円。
東証マザーズ指数は 5日続伸となる 10ポイント、1.14%高の 897ポイント。
 

 

今日の戦績

 

保有銘柄

 
なし
 
長谷工コーポレーション +0.00%
双日 +1.19%
ピジョン -2.57%
イオンディライト -0.50%
 
今日はピジョンが大きく下落し、双日が大きく上昇した。長谷工、イオンディライトはぼちぼちと言ったところか。
 
 


 

今日のエントリー銘柄

 
エントリーなし。

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
フィスコ、メディアシーク、アスコット、シンワアートオークションにエントリーし、アスコットのみ約定。保有株全体では 63,000円含み益。

 

no image
マネックス、太陽誘電、日本写真印刷、ドワンゴを売りでエントリーし、11,000円の利益。

 

エントリーなし。エプソン、マツダ、サイバーダイン保有。58,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均27ドル安の17,635ドル。東京市場・日経平均267円高の18,991円・東証マザーズ1ポイント高の866ポイント。

no image
エントリーできず。トータルの含み損は 283,000円。

 

no image
ドリコムを手仕舞いし、11,474円の利益確保。JALCOホールディングス、イーター電機工業、ディップ、リリカラ、オンキョーにエントリーし、JALCO、イーターが約定し、32,200円の含み損。トータルの含み損は 229,000円。

 

no image
日本マイクロニクス、ソフトフロント、フリービット、イーター電気工業、ミナトエレクトロニクス、オンキョー、日本インターにエントリーするも約定せず。トータルの含み損は 208,000円。

 

no image
円安で株価上昇するも上値は思い展開に

 

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。117,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均162ドル安の17,348ドル。東京市場・日経平均189円安の20,033円・東証マザーズ8ポイント安の881ポイント。

no image
財政の崖が意識され、EU圏の経済成長鈍化などで世界的な株安に

 

no image
自民党圧勝で円安、株高の流れが加速