幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

ダウ 6日ぶりの反発 東京市場 8日ぶりの反発

      2014/08/31

欧米市場は大きく反発した。
ヨーロッパの債権下落が一服したことでヨーロッパ市場が上昇。また、アルコアの決算が市場予想より良かったことなどから、ダウは寄付から 80ドルほど高い水準で取引が始まり、終始その水準を維持する堅調な相場となった。
5日続落で 2ヶ月ぶりの安値水準まで下げていることから値頃感が強まっていたことも追い風となったようだ。大引けでは 89ドル高い 12,805ドルとなった。
対して、東京市場は、北朝鮮の長距離ミサイル発射実験を警戒して上値が想い展開となり、一時マイナス圏になる場面もあったものの、欧米の株高やアジア株が軒並み堅調に推移していたことで東京市場も 14時頃から徐々に上げ幅を拡大していき、高値引けとなった。
大引けでは 66円高い 9,524円と 8日ぶりの反発で 9,500円台を回復した。売買代金は 1兆990億円とギリギリ 1兆円をクリアした。
 
 
今日の戦績
 
8844 コスモスイニシア
【買 値】609円(04/11)
【終 値】616円(04/12)
【損 益】+7円。+1.15%
 
6703 沖電気
【売 値】130円(04/12)
【買い戻】129円(04/12)
【損 益】+1円。+0.77%
 
今日は、結果だけ見ると 2勝。昨日の終値から見ると 1勝 1敗。トータルの収支は 1%弱のプラス。
コスモスイニシアは昨日の大引けで寄りつかなかったために今日に持ち越しとなったが、寄付では 636円。その後 643円まで上昇。ただ、後場は軟調に推移し大引けでは 616円となった。昨日の終値が 629円だったために昨日の終値に比べると利益は 3分の 1に減ってしまった。今朝の寄付と比較すると 4分の 1まで減っていることになる。
本来昨日の終値で売るべきだったもののため、今日の寄付で売っておけば...と思わずにいられない。
 
また、下記の銘柄は 2月末まで運用していたルールでは対象銘柄となっていた銘柄だ。これもトレードをしていればわずかながら利益を上積みすることが出来ただろう。
 8273 イズミ  始値:1,788。終値:1,783。損益:+5、+0.28%。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
メディアシークを手仕舞い売却し 49,009円の利益確定。アイフラッグ、テイツーにエントリーするも約定せず。トータルの含み損は 332,000円。

 

エントリーなし。マツダ保有。6,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均98ドル高の18,057ドル。東京市場・日経平均2円安の19,905円・東証マザーズ11ポイント高の915ポイント。

SHIFT、東芝保有。13,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均236ドル高の18,000ドル。東京市場・日経平均336円高の20,382円・東証マザーズ12ポイント高の976ポイント。

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 565,000円。

 

no image
日本マイクロニクス、ソフトフロント、フリービット、イーター電気工業、ミナトエレクトロニクス、オンキョー、日本インターにエントリーするも約定せず。トータルの含み損は 208,000円。

 

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。294,000円の含み益損。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均113ドル高の16,314ドル。東京市場・日経平均235円安の17,645円・東証マザーズ15ポイント高の779ポイント。

no image
アメリカの住宅指標改善によりダウ大幅高 東京市場も連れ高

 

no image
円安一服感で下げるものの SQ算出日を控えて思惑が交錯

 

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。257,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均23ドル安の17,623ドル。東京市場・日経平均170円安の18,777円・東証マザーズ5ポイント安の798ポイント。

no image
前場と後場で相場環境が激変し 2年9ヶ月ぶりの 6日続落に