幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

欧米市場は上昇するものの日経平均は上昇できず

      2014/08/31

アメリカ市場は好決算を発表する企業が続いたことで景気敏感株を中心に買いが集まり相場全体としても上昇した。
FOMC後の発表は大きなサプライズもなく、景気判断も前回と変わらなかったために市場への影響はほとんどなかった。
ダウの終値は 89ドル(0.69%)高い 13,090ドルとなった。
東京市場は、海外の株高の流れを受けて続伸して始まった。一時 70円ほど上昇する場面のあったものの、ドル円の為替相場が徐々に円高に傾くと、後場に入りついにマイナス圏に突入した。
その後は前日終値より 30円ほど安い水準で推移したが、大引けにかけてはまとまった注文が入ったために短時間で 30円ほど上昇し、終値では 82銭高い 9561円で取引を終えた。
今日の値動きはドル円の為替のチャートとほぼ同じ値動きだったといえる。
売買代金は 1兆762億円と 5営業日ぶりに 1兆円を超えたものの寂しい状況だった。
 
 
今日の戦績
 
7972 イトーキ
【売 値】512円(04/26)
【買い戻】528円(04/26)
【損 益】-16円。-3.13%
 
6358 酒井重工業
【売 値】354円(04/26)
【買い戻】346円(04/26)
【損 益】+8円。+2.26%
 
今日は 1勝 1敗。トータル損益はマイナスで、損失額は原資比率で 0.5%ほどになった。
寄付直後は酒井重工業は下げたために利益がでていたが、その後、イトーキが大きく上げたため、一時損益で 3%を超えるマイナスになっている時間帯もあったため、昨日に引き続き非常にげんなりした状況になっていた。
その後、後場に入り日経平均も大きく下げに転じ、イトーキの上昇幅が縮小し、酒井重工業が大きく下げに転じたため、引け間際には 1%ほどの利益がでる場面もあった。
結局大引けにかけて酒井重工業の値を上げたためにトータルで損失がでたが、3%を超える損失を出していた時間帯があっただけに一安心できたと言うところか。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
日本コンベヤ、サラ工業にエントリーするも約定せず。トータルの含み損は 427,000円。

 

no image
エントリーなし。トータルの含み損は 381,472円。

 

no image
お盆に入り閑散とした市場 方向感に乏しい値動き

 

SHIFT、東芝保有。40,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均31ドル高の17,935ドル。東京市場・日経平均228円安の19,990円・東証マザーズ4ポイント高の993ポイント。

体育の日で休場

昨日のアメリカ市場・ダウ平均115ドル安の16,544ドル。東京市場は体育の日で休場。

エントリーなし。マツダ保有。29,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均20ドル高の18,058ドル。東京市場・日経平均167円安の20,020円・東証マザーズ10ポイント高の926ポイント。

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。412,000円の含み損。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均102ドル高の16,433ドル。東京市場・日経平均298円安の17,965円・東証マザーズ6ポイント安の777ポイント。

SUMCO、マツダ、富士重工保有。242,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均177ドル安の16,027ドル。東京市場・日経平均918円安の16,085円・東証マザーズ55ポイント安の751ポイント。

no image
欧米市場が下げる中、週末を控えて低調な取引に

 

no image
今日の夜のスペイン国債入札に向けて取引は低調 株価は下落