幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記

サニックス、ソースネクスト、アールテックウエノにエントリーし、ソースネクストのみ約定。含み益は 7,000円。保有銘柄の含み損は 212,000円。

      2014/08/31

【先週末のアメリカ市場】
6月の雇用統計で非農業部門の雇用者数は前月比 195,000人増と増加幅は市場予想の 16万人を上回った。4月、5月分も上方修正された。労働市場が順調に回復しているとの見方が強まり、金融関連などの景気敏感株を中心に買いが入った。
しかし、雇用統計を受けて 10年ものの国債利回りが 1年11ヶ月ぶりの水準に上昇し、金利上昇が景気の重荷になるとの警戒から発表直後にはマイナス圏に転じる場面もあった。
しかし、売りは続かず、売り一巡後は再び買いが入り、ダウが 50日移動平均を明確に上回ると再び買いが優勢となり、そのまま高値引けとなった。
ダウの終値は 147ドル(1.0%)高い 15,135ドル。バーナンキ FRB議長が記者会見で量的緩和縮小の時期に言及した 6月19日の終値水準を回復した。
ナスダックも 1.0%上昇した。
 
 
【東京市場】
朝方は、アメリカの 6月の雇用統計が市場予想を上回り、ダウが上昇した流れを受けて、東京市場も大きく上昇して始まった。一時 200円近く上昇した。
しかし、10時半になりアジア各国の市場が大きく下落して始まると、アメリカの量的金融緩和縮小による新興市場景気の減速懸念が強まり、11時には一度マイナス圏に転じる場面もあったものの、後場 13時過ぎまではプラス圏を維持した。
しかし、13時にマイナス圏に転じると、その後はつるべ落としのごとくまっすぐに急落していった。
終値は 200円安い 14,109円。売買代金は 2兆5155億円。
直近 7日間で 1400円以上も上昇しており、今日の下げは健全な調整との見方もあるが、1日の値幅は 388円と 2週間ぶりの大きさとなった。
 
 
【今日の戦績】
 
【保有銘柄】
 
3625 テックファーム
【買 値】252,200円(06/05)
【売 値】1817300円(07/05・保有中)
【売買数】1株。252,200円。
【損 益】1株単位:-70,500円。-27.95%。損益額:-70,900円。
 
3656 KLab
【買 値】1,556円(07/05)
【売 値】1,913円(07/05・保有中)
【売買数】100株。311,200円。
【損 益】1株単位:+357円。+22.94%。損益額:+71,000円。
 
3807 フィスコ
【買 値】1,281円(04/23)
【売 値】921円(07/05・保有中)
【売買数】200株。256,200円。
【損 益】1株単位:-360円。-28.10%。損益額:-72,400円。
 
4320 CEホールディングス
【買 値】2,148円(05/14)
【売 値】1,349円(07/05・保有中)
【売買数】100株。21,400円。
【損 益】1株単位:-799円。-37.20%。損益額:-82,500円。
 
4839 WOWOW
【買 値】341,000円(07/01)
【売 値】331,000円(07/05・保有中)
【売買数】1株。341,000円。
【損 益】1株単位:-10,000円。-2.93%。損益額:-10,400円。
 
6871 日本マイクロニクス
【買 値】760円(05/15)
【売 値】588円(07/05・保有中)
【売買数】100株。228,000円。
【損 益】1株単位:-172円。-22.63%。損益額:-52,100円。
 
テックファーム +8.61%。
フィスコ +1.66%
CE +0.00%。
WOWOW +1.52%
マイクロニクス -0.90%。
トータルの含み損は 211,153円。
含み損は、7万円ほど減ったが、そのうち、KLabが 5万円押し上げているわけで、ソースネクストの分もあるため、実際は 13,000円ほどしかプラスになっていない。
 
 
【今日のエントリー銘柄】
 
4344 ソースネクスト
【買 値】1,380円(07/05)
【売 値】1,419円(07/05・保有中)
【売買数】100株。311,200円。
【損 益】1株単位:+39円。+2.83%。損益額:+7,400円。
 
サニックス、ソースネクスト、アールテックウエノにエントリーし、ソースネクストのみ約定。
ソースネクストは、9時45分頃に急騰し、一気にストップ高水準まで。その途中で 1,270円で逆指し値成行でエントリーしていたにもかかわらず、約定したのは 1,380円と、スリッページは 8.66%にも達した。1,270円で約定していたら 21,000円も含み益が増えていたことになる。そして、終値はストップ高となった。
 
今日の日経平均は下げたが、先週末のダウは、雇用統計の回復を受けてもドル高、株高となった。
雇用統計の回復は、量的緩和の縮小が近づくことを意味するわけだが、それでもダウは下げなかったところを見ると、市場はすでに 9月の量的緩和縮小を織り込んだと見ていいのだろう。


 

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
ヨーロッパ財政懸念により欧米株が下落 東京市場も下げ止まらず

 

no image
ヨーロッパ財政問題への警戒感から欧米も東京市場も続落 日経平均はかろうじて 9000円台維持

 

no image
欧米は反発するも 東京市場は円高進行により日経平均 9,000円割れ

 

no image
ドリコム、フィスコの 2銘柄が約定。2銘柄の含み益は 37,500円。トータルの含み損は 349,000円。

 

SHIFT、東芝保有。13,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均2ドル安の17,764ドル。東京市場・日経平均49円安の20,046円・東証マザーズ16ポイント高の963ポイント。

エントリーなし。エプソン、マツダ、サイバーダイン保有。53,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均138ドル高の17,995ドル。東京市場・日経平均125円安の18,665円・東証マザーズ5ポイント安の854ポイント。

no image
フルキャストホールディングス、アスモにエントリーし、フルキャストのみ約定。4200円の含み損。トータルの含み損は 395,000円。

 

no image
アメリカの景況感が改善し、円安の流れから日本株は買われる

 

SHIFT、東芝保有。21,000円の含み益。

先週末のアメリカ市場・ダウ平均115ドル安の18,010ドル。東京市場・日経平均6円高の20,569円・東証マザーズ7ポイント高の966ポイント。

no image
追加緩和の効果は薄く、中国景気減速懸念で大きく売られる