幸太郎の株式トレード日記

日経平均、ジャスダック平均、マザーズ指数、ダウ平均、ナスダック株価指数と株式トレードの結果報告日記


エントリーなし。エプソン、マツダ保有。28,000円の含み損。

   

昨日のアメリカ市場・ダウ平均40ドル安の17,678ドル

 
新規の材料が乏しい中、景気と企業業績の先行き不透明感を背景にリスク回避の売りが優勢となり軟調な展開となった。特に、バイオ製薬、半導体株に売りが続いており、相場の売り圧力となった。
また、サウジアラビアが内戦状態に陥ったイエメンへの軍事介入に踏み切ったことで地政学リスクが高まったことも投資家心理を冷え込ませ、10時過ぎには一時下げ幅が 140ドルに迫る場面もあった。
ただ、下げた場面では値ごろ感から買いも入り、12時頃にはプラスに転じ、その後は前日終値を挟んでの値動きとなった。
ダウの終値は 4日続落となる 40ドル、0.23%安の 17,678ドル。
ナスダック総合株価指数も 4日続落となる 13ポイント、0.3%安の 4863ポイント。
 
 

東京市場・日経平均185円安の19,285円・東証マザーズ3ポイント高の864ポイント

 
寄りつきは 100円安ほどで寄りついた後、9時半頃にはプラスに転じ、10時半頃には上げ幅が 100円を超え、19,600円に迫る堅調な推移した。
しかし、13時を過ぎた辺りから先物主導で断続的な売りが出た。売りが売りを呼ぶ展開となり、14時半頃には 371円安と、1時間半で 500円ほどの急激な下げとなった。
国内債券相場が大幅安となり、金利が急上昇した。債券安で損失を被った投資家が穴埋めのために時間をおいて株を売ったとの見方も出ていた。
ただ、引けにかけては再び急激に値を戻し、日経平均の終値は 185円、0.95%安の 19,285円となった。3月の配当落ちを迎え、日経平均への影響は 111円~112円と見られているため、実質下げ幅は 70円ほど。売買代金は 2兆9656億円。
新興市場では3月末の配当権利落ちを迎えたことから利益確定売りが優勢となり、また、日経平均が急落したことで新興市場でも売りが膨らんだ。日経ジャスダック平均の終値は続落となる 16円、0.69%安の 2450円。売買代金は 729億円。
東証マザーズ指数は 3日ぶりの反発となる 3ポイント、0.41%高の 864ポイント。
 

 

今日の戦績

 

保有銘柄

 
                今日 トータル トータル額
6724 エプソン         -2.28%  -9.84%  -49,550円
7261 マツダ          -0.73%  +4.63%  +21,667円
 
トータルの含み損は 27,883円。前日比 -14,200円。-1.48%。
日経平均が大きく下落する中持ちこたえた、と見るべきか。
 
 


 

今日のエントリー銘柄

 
エントリーなし。
 
 

翌営業日のエントリー指示が出た銘柄

 
下記銘柄は、翌営業日にエントリー対象としてリストアップされた銘柄の上位 10銘柄です。
ここにリストアップされる銘柄は、直近で大きく上昇している銘柄ですので、うまくその流れをつかめれば!ご参考までに!
 
 7997 くろがね工作所
 6037 ファーストロジック
 7624 NaITO
 8423 アクリーティブ
 6080 M&Aキャピタルパートナーズ
 4848 フルキャストホールディングス
 7965 象印マホービン
 2138 クルーズ
 2301 学情
 2929 ファーマフーズ

 - 売買レポート

GoogleAdwords

GoogleAdwords

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
この記事が参考になったと思いましたらソーシャルメディアで共有していただけると嬉しいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

※入力いただいたコメントは管理者の承認後に掲載されます。

  関連記事

no image
日本特殊塗料、ラウンドワン、ドワンゴ、ウイルコにエントリーするものの約定せず。トータルの含み損は 144,637円。

 

エントリーなし。JMNC、エプソン、マツダ、サイバーダイン、マーベラス保有。30,000円の含み益。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均6ドル高の18,030ドル。東京市場・日経平均45円安の17,808円・東証マザーズ3ポイント安の870ポイント。

エントリーなし。JMNC、エプソン、マツダ、サイバーダイン、マーベラス保有。188,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均6ドル高の17,673ドル。東京市場・日経平均174円安の17,504円・東証マザーズ8ポイント安の872ポイント。

no image
東京市場は前原大臣出席意向で追加緩和期待の買が集まる

 

no image
ダウ反発で 4年4ヶ月ぶりの高値 日経平均も反発するも力強さに欠ける展開

 

no image
欧米株は 3分の 1値戻し 東京株は 3倍戻し

 

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。213,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均46ドル高の17,910ドル。東京市場・日経平均377円高の18,642円・東証マザーズ6ポイント安の782ポイント。

長谷工、双日、ピジョン、イオンディライト保有。186,000円の含み損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均237ドル高の17,483ドル。東京市場・日経平均236円高の19,630円・東証マザーズ5ポイント高の789ポイント。

長谷工、双日、東芝、ピジョン、イオンディライト保有。193,000円の含み益損。

昨日のアメリカ市場・ダウ平均369ドル高の16,654ドル。東京市場・日経平均561円高の19,136円・東証マザーズ23ポイント高の811ポイント。

no image
サニックス、ソースネクスト、アールテックウエノにエントリーし、ソースネクストのみ約定。含み益は 7,000円。保有銘柄の含み損は 212,000円。